1マコ2マーヤ3阿修羅

神の力受けてみよッ!!

沼津聖地巡礼レポ②内浦編【初級者中級者向けラブライブ!】

前回のラブライブ!

東京へ行く用事があるため前日昼に名古屋を出る予定だったグンキすまっしゅ☆だが、ふと「時間あるし沼津に寄れるんじゃないか」と思い立ったが吉日、かの聖地に堕天降臨することに。

 

f:id:mathkingcoj:20190615000139j:plain

 

mathkingcoj.hatenablog.com

沼津駅南口周辺をあらかた巡り、レンタサイクルを借り海岸を経て沼津港大型展望水門「びゅうお」にたどり着いた彼を新たな難題が襲う…!

 

 

はいどうもこんちか!

 

グンキすまっしゅ☆です

 

今回の記事も前回に引き続き、沼津の聖地巡礼について書いていくずら!

 

事件発生

びゅうおから内浦方面へと自転車を飛ばし…

 

飛ばして行きたいんですが…

 

 

マジかよ

 

f:id:mathkingcoj:20190615170210j:plain

 

 

わかりますかね…

 

完全にペシャっちゃってます

 

まだ20分近くしか転がしてないのにパンクってマジかよ

 

確かにタイヤがかなり減ってるなとは思ったんですが、整備や点検はきちんとされていたんでしょうか…

 

リアルに頭抱えました

 

借りたホテルに電話をすると、

 

・レンタサイクル事業は当ホテルではなく沼津市が所管

・そのため当ホテルからなにかすることはなく、使用料も変わりません

・自転車を当ホテルまで返していただく必要があるため、バスやタクシーを使うなりしてホテルへは自力で戻ってきてください

 

とのこと。

 

マジ…???

 

あの…このレンタサイクル折りたためないし結構大きいので、バスに乗ると十中八九他の乗客の方の迷惑になりますし、ましてやタクシーになんて乗らないと思うんですけど…

 

となると徒歩でしか移動できませんが、ここからホテルまでは徒歩3-40分

 

自由に使える時間はおよそ4時間あり、大雑把な計画では沼津から内浦への移動、内浦での巡礼、内浦から沼津への移動、沼津での巡礼をそれぞれ1時間と見ていましたがこれは…

 

ホテルに戻った時点で残り3時間となるため沼津内浦の往復2時間を差し引くと沼津市街と内浦での巡礼が残り1時間しかありません

 

流石に1時間では周りきれるはずもない…

 

詰みました。

 

 

f:id:mathkingcoj:20190615180951j:plain

 

起こそうキセキを!あがこう精いっぱい!

でもオタクは諦めない

 

沼津市の所管なら沼津市に連絡を入れれば解決するじゃないか、僕のような大人はそう考えるね

 

f:id:mathkingcoj:20190615172902j:plain

 

シールで電話番号が表示してあったのでそこへ電話を掛けると、今から車でこちらへ迎えに来てくれるとのこと

 

待つこと10分ほど、到着した車から出てきたのはさわやかなイケメン職員のSさん

 

事情を話すと、せっかく来ていただいたのに申し訳ありませんという言葉とともに、

 

・自転車は沼津市の方でホテルまで届けます

・20分でパンクというのは明らかに整備不良のため、今回のレンタサイクル使用料は頂きません

沼津市内であれば行きたい場所までお送りします

 

とのこと。

 

これは…内浦に行けるぞ…!!!

 

沼津市は神。超優良自治体だってはっきりわかんだね

 

 

…でも最初のホテルの対応との差は一体何なんでしょう

 

思い返すと僕がレンタサイクルを借りようとしたときにちょうど自転車をホテルに戻しに来た人がいたんですけど、その人の借りた自転車もパンクしていたのでこういうケースは少なくないのではないでしょうか

 

最初に連絡したホテルから市へは全く連絡が入っていなかったようですし、パンクや事故があったときにどういう対応をするのかホテルと市の間で取り決め等はされていないようでした

 

レンタサイクル事業自体はとてもいいことだと思うので、市とホテルはこういった対応における連携をもっと深めていってほしいですね

 

さて、気を取り直して沼津市の車で内浦まで乗せていって頂きます

 

話をしながらだったので道中は写真が撮れていませんが、曜ちゃんが志摩姉にトラックで家まで送ってもらうあの道でした

 

f:id:mathkingcoj:20190615181700p:plain

 

三の浦総合案内所

f:id:mathkingcoj:20190615182405j:plain

 

降ろしていただいたのはここ、三の浦総合案内所のすぐ前

 

Sさんありがとうございました

 

f:id:mathkingcoj:20190615183224p:plainf:id:mathkingcoj:20190615183214p:plain

 

1期6話「PVをつくろう」や劇場版で出てきていますね

 

ここから先は本当に聖地しかありません

 

この案内所を正面にして右を見ると黒澤家のモデル、大川家があります

 

大川家はこれまでのオタクの悪行に耐えかね撮影禁止でしたので写真はありません

 

俺にとっては嫁の実家に挨拶しにきただけなので写真は別にいいんですが…

 

 

あ、このあたりになるとやっぱりフルグラのオタクTシャツ着てるオタクが何人もいるんですが、グンキすまっしゅ☆から言わせるとあんたら正気か???って感じです

 

 

内浦って嫁の実家でしょ

 

嫁の実家に挨拶に行くのに嫁の顔がプリントしてあるTシャツで行くやつおらんでしょ

 

常識で考えて嫁の実家に行くなら正装だろ、スーツを着ていけ

 

自撮りはしない人間なのでグンキすまっしゅ☆がスーツで行った証明は難しいんですけど、さっきのこの写真に短靴のつま先とスーツの袖口がチラッと写り込んでいます

 

f:id:mathkingcoj:20190615172902j:plain

 

漢は黙ってスーツ巡礼

 

長浜バス停/県道17号

さて、海岸沿いに出ると見覚えのあるバス停が

 

f:id:mathkingcoj:20190615184431j:plain

 

f:id:mathkingcoj:20190615184449j:plain

 

まあこの地区はどの景色も見覚えしかありませんが

 

ここはあれです、1期10話に出てきた海沿いのクソレズ通りです

 

f:id:mathkingcoj:20190615185050p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615185232p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615185450j:plain

大好きだよ…(大胆な告白は女の子の特権)

 

いや茶化してますけどグンキさん普通に女の子同士の恋愛には寛容ですからね

 

ようちか派ですけど

 

この通りは他のシーンでも何度も出てきてますよね

 

f:id:mathkingcoj:20190615185816p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615185839p:plain

 

CYaRon!の「海岸通りで待ってるよ」の海岸通りっていうのもこの道なんでしょうかね

 

海岸通りを学校の方へ歩きながらふと左を見ると

 

f:id:mathkingcoj:20190615191052j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615191329p:plain

 

ここほんとに聖地しかねえな!?(歓喜)

 

実際に黒澤家から学校へ向かうとこの道を通るんですよね

 

f:id:mathkingcoj:20190615191757j:plain

 

海が綺麗ですね

 

弁天島

さあ、この道をひたすら学校の方へ歩いていくと果南ちゃんがランニングの途中に立ち寄りダンスしていた弁天島があります

 

f:id:mathkingcoj:20190615192033j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615192039j:plain

 

あの鳥居の階段ですね

 

f:id:mathkingcoj:20190615201232j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615201350p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615201439j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615201542p:plain

 

いやこの階段、傾斜が50~55度くらいはあってリアルにキツいです

 

∫∫( c||^ヮ^||楽勝だったけどね

 

f:id:mathkingcoj:20190615201900j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615201935p:plain

 

よき!!!

 

場所もわかりづらいところにあるからか、俺以外に来てた人いなかった…

 

浦の星女学院(長井崎中学校)

f:id:mathkingcoj:20190615202439j:plain


わたし、グンキすまっしゅ☆!

 

こっちは浦の星に続く坂と、奇声を上げながら登っていくオタク!

 

いやテンション上がるのは俺もすごくわかるんですが、平日の昼間で実際に通ってる中学生もいるわけですよ

 

なんというか、厄介オタクはもう少し自重しろ

 

 

この坂、上がってすぐ学校が見えてくると思ってたんですけど意外とキツい坂が続くんですね

 

さあそしてこの坂を上がりきると…

 

見ーえてーきーたー!!

 

f:id:mathkingcoj:20190615202907j:plain

うおおおおおおおおおお!!!!!(心の声)

 

いやすごい。ホントにすごい。

 

浦乃星

あゝ浦乃星

浦乃星

 

松尾芭蕉奥の細道でこう詠んでますが、本当に感動しました…

 

f:id:mathkingcoj:20190615203609j:plain

 

おーい!

浦の星は、いい学校だぞー!!

 

この景色を見れて、本当に来てよかった

 

f:id:mathkingcoj:20190615204224j:plain

 

親の顔より見た風景

 

f:id:mathkingcoj:20190615204303p:plain

 

f:id:mathkingcoj:20190615204419j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615204455p:plain

 

廃校だよー!(不謹慎)

 

そしてここでですね、振り返るとすごい景色があったんですよ

 

f:id:mathkingcoj:20190615204850j:plain

 

いやこれすごい…

 

語彙力ないんであんまこの感動を言葉で表せないんですけど、本当にこれを見た瞬間は言葉が出なかったです…

 

いや…ホントに…

 

惜しいのがこの写真はスマホで撮ったやつで、一眼だと入りきらなかったんですよね…

 

f:id:mathkingcoj:20190615205225j:plain

 

今持っている一眼のレンズのうち最大広角で30mmなんですけど、それでここしか収まらないんでもっと広角に撮れるレンズほしいですね…


f:id:mathkingcoj:20190615205212j:plain

 

パノラマ撮影でこんな感じ

 

それにしても綺麗だった…

 

あの景色は忘れられないですね…

 

 

浦の星女学院前バス停(長井崎中学校バス停)

さあ、感慨にふけるのもいいですが今日中に東京に行かないといけないのでそろそろ下山しましょう

 

f:id:mathkingcoj:20190615210343j:plain

あのクソ長い坂を下りていきます

 

 

途中で階段があるので今度はそちらへと降りていきます

 

すると見えてくるのがこちら

 

f:id:mathkingcoj:20190615210448j:plain

 

ここですね、ようちかの聖地です

 

f:id:mathkingcoj:20190615210812p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615210854p:plain

 

守りたいこの笑顔

 

いやほんと、聖地巡礼の良さってこういうキャラの息遣いがリアルに聞こえてきそうなところですね

 

f:id:mathkingcoj:20190615212220p:plain

 

この辺りはまさに聖地の宝庫

 

f:id:mathkingcoj:20190615211058j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615211225p:plain

 

夢を語る言葉より 夢を語る歌にしよう

 

f:id:mathkingcoj:20190615211345j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615212321p:plain


↑このダイヤちゃん狂おしく好き

 

f:id:mathkingcoj:20190615212454j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615212444p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615212538j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615212845p:plain

 

さあ、そろそろ時間的にマズいので歩いてきた道をみとシー方面に向かって折り返していきます

 

f:id:mathkingcoj:20190615213125j:plain

 

こういう津波に対する注意喚起の看板やタワーのような避難所、山に避難するための階段が至る所にあったのが印象深かったです

 

やはり太平洋沿岸なので現実問題として津波は脅威なんですね…

 

ここから長浜城跡までは来た道を折り返すだけなのですが、悲しいことにここでスマホの充電が5%を切ってしまいます

 

え?ポータブル充電器?

 

荷物と一緒に沼津駅のコインロッカーの中に置いてきちゃったんですよね…阿呆…

 

 

バスも終バスがみとシーから1855くらいに発だったのでもしかしたら安田屋旅館を撮れないかも…

 

早歩きで急ぎます

 

 

 

いやこれ、凛ちゃんや果南ちゃんじゃないですけどホントに似てるんですよ

 

f:id:mathkingcoj:20190615214718j:plain

 

これが呉の吉浦の辺り

 

f:id:mathkingcoj:20190615215111j:plain

 

これが内浦

 

山が海のすぐそこまで迫ってて、吉浦地区や倉橋島から江田島はシビレ峠に行く道の辺りがちょうど内浦の海岸通りから長井崎に向かう道と雰囲気が似てるんですね

 

f:id:mathkingcoj:20190615220021j:plain

 

これは江田島

 

呉は市街地は栄えてましたけども、江田島や吉浦あたりの空気は内浦とほとんど同じです

 

思わずノスタルジーを感じとても懐かしい気分になりました

 

f:id:mathkingcoj:20190615220142j:plain

 

これは内浦

 

この真ん中に写ってるマンションも呉湾から見たクレイトンベイホテルにそっくりだったので少しびっくりしました

 

f:id:mathkingcoj:20190615214841j:plain

 

これは呉湾


中央左の島は大麗女島(おおうるめじま)といいます

 

内浦まで車で送ってくださったSさんにも呉の話はして、その時に大麗女のことを淡島と同じくらいの大きさと言ったんですけどそれは流石に盛りましたね

 

淡島の方が100倍デカかったです

 

 

さて、長々と話が脱線してしまいましたがその間に長浜城跡につきました

 

f:id:mathkingcoj:20190615220752j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615220912p:plain

 

このシーンがここから撮られたらしいですね

 

f:id:mathkingcoj:20190615221223p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615221229p:plain


時間がなかったのでどのアングルかまではわからなかったのですが、この場所で間違いないようです

 

この長浜城址、調べると後北条氏の配下、大川氏の居城だったらしいのですがその大川氏が後々内浦の網元になったそうです

 

そう、黒澤家のモデルとなった大川家です

 

つまるところここは作中だと黒澤家の元居城であり、このシーンは姫であるルビィの帰城だったんですね

 

 

ちなみにここはなかなかの初見殺しスポットで帰る道を間違えると…

 

f:id:mathkingcoj:20190615222215j:plain

 

気を付けよう!

 

f:id:mathkingcoj:20190615222505j:plain

 

三の浦あたりで撮った淡島です

 

うっすらと見える富士山がまた綺麗ですね

 

f:id:mathkingcoj:20190615224307j:plain

 

気を付けよう!

伊豆・三津シーパラダイス

f:id:mathkingcoj:20190615224515j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615224531j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615224548j:plain

 

今回は時間的都合で中には入れなかったのですが、外から見える部分だけ撮れました

 

f:id:mathkingcoj:20190615224924p:plain

 

くじらしゃんしゅごい…

 

f:id:mathkingcoj:20190615225020j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615225143p:plainf:id:mathkingcoj:20190615225038j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615225129p:plain

 

はいここ、ラブライブ!史上屈指の神回「ダイヤさんと呼ばないで」の聖地ですね

 

f:id:mathkingcoj:20190615225411j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615230814p:plain

 

えっ曜ちゃんここまでチャリで来たってマジ?

 

f:id:mathkingcoj:20190615231548j:plain

 

沼津駅からみとシーってチャリだと1時間かかる距離なんですけど…

 

さすが国体選手は違うぜ

f:id:mathkingcoj:20190615233611j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615233615p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615232046j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615232128p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615233310j:plain
f:id:mathkingcoj:20190615233317p:plain

 

聖地しかない(確信)

 

流石にここまでくるとテンション上がってきますね

バスの時間を気にしつつ小走りでここまで来たのでグンキさんの息も上がってますが

 

十千万(安田屋旅館)

f:id:mathkingcoj:20190615232637j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615232924p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615232656j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615233005p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615232356j:plain

 

うおおおおおおおおおおおおお!!!(心の声)

 

いやこれやばいっすね

 

Sさんに乗せてもらった車の中でも見たんですが、やっぱりすごいです

 

親の顔より見た玄関

 

そしてその正面には…

 

f:id:mathkingcoj:20190615233441j:plain

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

親の顔より見たポンツーン(そろそろもっと親の顔見ろって怒られそうですね)

 

f:id:mathkingcoj:20190615233946p:plain

 

f:id:mathkingcoj:20190615234057j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615234103p:plain

 

ほんとに…あるんやなって…

 

もう少し歩くと松月と内浦漁協が見えてきます

 

f:id:mathkingcoj:20190615234331j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615234532p:plain

f:id:mathkingcoj:20190615234602j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615234837p:plain

 

バスまで少しだけ時間が余ったので砂浜へ降りてみました

 

f:id:mathkingcoj:20190615235436j:plain

f:id:mathkingcoj:20190615235446j:plain

 

1人で砂浜に降りて枝でなんか書いて撮影してニヤついてるオタク、傍から見たら不審者すぎて通報案件でしょ

 

f:id:mathkingcoj:20190615235812p:plain

 

リトルデーモンの貴方、堕天使ヨハネです

 

f:id:mathkingcoj:20190615235820p:plain

 

今日は、このヨハネが堕ちてきた地上を紹介してあげましょう

 

f:id:mathkingcoj:20190616000152p:plain

 

まずこれが…

 

f:id:mathkingcoj:20190615235639j:plain

 

土!!

 

f:id:mathkingcoj:20190615235853p:plain

 

オーホッホッホッホッホ!

 

等といろいろ遊んでいるうちに終バスが来てしまいました

 

f:id:mathkingcoj:20190616000520p:plain

 

沼津に帰る終バスが1855って、曜ちゃんも善子ちゃんも大変だなあ…

 

それではこれで内浦散策は終了です

 

総括

どこを見ても聖地、振り返れば聖地の沼津ヤバい

 

ベストショットはこれですかね

 

【一眼部門】

f:id:mathkingcoj:20190616001859j:plain

 

スマホ部門】

f:id:mathkingcoj:20190615204850j:plain

 

景色綺麗すぎだしめちゃめちゃいいところでなんなら住みたいですリアルに

 

絶対また来ます

 

それでは!!

 

f:id:mathkingcoj:20190616000907p:plain

 

ヨーシコー!