1マコ2マーヤ3阿修羅

神の力受けてみよッ!!

ラブライブ!における太陽とは①

みなさんお久しぶりです

 

グンキすまっしゅ☆です

 

久々のブログ更新ですが今回はCOJPは全く関係ないのであしからず

 

ラブライブ!という作品における太陽とは

f:id:mathkingcoj:20171008141040j:plain

昨日サンシャインの2期が放映されましたね

 

2期のダイヤ様マジでさらに可愛くなってらっしゃるなぁ…尊い…などと思ってたんですが、終盤の朝日が昇るシーンでふと「ラブライブ!に太陽ってよく出てくるけどこれは何かの暗示なのかな?」という疑問が頭の中に浮かびました

 

もともと太陽は自ら光を発する恒星であることから、「輝き」そして「希望」として表現されることもあります

 

今回は光輝く太陽がどんなシーンで出てきて、それぞれどんな意味を持つのか徹底考察したいと思います

 

まずは無印ラブライブ!から

 

ラブライブ!1期

印象的に太陽が描かれているのはおそらく2年生が生徒会に対し講堂の使用許可を取りに言ったシーンが初めて

 

2年生の肩を持つような発言をした希に対し絵里がなぜか聞いたときのこの

 

f:id:mathkingcoj:20171008124446p:plain

 

カードがウチにそう告げるんや!!

 

f:id:mathkingcoj:20171008124740p:plain

 

タロットカードのこの「THE SUN」の正位置ですね

 

意味を調べてみました。

 

tarot-tankyu.xii.jp

case.1~9までありますが、個人的には以下の意味を取りたいと思います

 

case.3

健全さが大切です。 一切の邪心を排除して余計な思考を止め、 願いごとをシンプルにしましょう。 時間がかかっても、 成功は約束されています。 思うように進んでいないと感じても、 投げやりになることなく、 成功への道を歩き続けてください。 ネガティブな思考に負けないで、 純粋な想いを忘れずに、 自分自身の輝きを保ち続けましょう。

 

case.7

成就の道。その願いは叶います。 堂々と、進んでください。 それを叶えることは、とても素晴らしいことです。 人生の目的にも通じることであり、 大変な達成感を得ることができるでしょう。 それは、祝福に値すること。 自分だけでなく、周囲もみんな、 元気になって、嬉しくて、明るい笑顔になる。 歓喜をもたらす選択です。

case.8

自分に嘘をつくことはもうできません。 自分が本当にやりたいこと、やるべきことに、 正々堂々と取り組むべきです。 それは、人生の目的とか、使命とか、 自分自身の本質が求めることに関わること。 それを拒み続けていては、いつまでも、 心が晴れることはないでしょう。 自分にとって本当に大事なことを、 妥協しないで。

 

 

結果的には失敗ととれるようなファーストライブになってしまうのですが、その挫折に挫けません

 

「やりたいからです!」

 

「このまま誰も見向きもしてくれないかもしれない。応援なんて全然もらえないかもしれない。でも、一生懸命頑張って、私たちがとにかく頑張って届けたい。いま、私たちがここにいる、この思いを!」

 

彼女たちはここからスクールアイドルとして活躍していくことになり、最終的には「SUNNY DAY SONG」、そして「僕たちはひとつの光」まで走り抜けていくことになります

 

彼女たちの「これから」、そして頑張りをまさに暗示していますね

 

 

そしてそのファーストライブで彼女たちが歌ったのは「START:DASH‼」

 

f:id:mathkingcoj:20171008132726j:plain

 

歌詞にはこんな一節が

 

明日よ変われ!

希望に変われ!

眩しい光に照らされて変われ

START!!

 

希望の象徴である太陽に照らされ、彼女たちはこれから明日を変えていきます

 

 

話は飛んで5話

 

我らが大銀河宇宙No.1アイドル矢澤にこちゃんが部長を務めるアイドル研究部にμ'sが加入した場面

 

部員に「にっこにっこにー」をさせご満悦のにこちゃん、最後の「いっくよー!」の背景は空を覆う雲の隙間から太陽の光が差し込んでいました

 

f:id:mathkingcoj:20171008140156j:plain

 

1人でアイドルを続けてきて、にこちゃん本人曰く「3年生になって諦めかけてて、それがこんな奇跡に巡り合えた 」瞬間です

 

曇り空はそれまで1人で続けてきた部活を、そして差し込む光はこれからみんなで活動していく部活を暗示しているのだと思います

 

 

さて、ここまで書いてもう疲れたんで続きはまた今度書こうと思います…

 

ではでは