読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1マコ2マーヤ3阿修羅

神の力受けてみよッ!!

《鬼神・スサノオ》の弱点及びその対策法【初級者中級者向けCOJ】

スサノオ

おはようございます!

 

グンキすまっしゅ☆です!

 

 

さてさて、お気に入りカード24選がなかなか上手くまとまらないのでいったん落ち着くためにもスサノオについて語りたいと思います

 

f:id:mathkingcoj:20151110210102j:plain

 

これまではスサノオの強いところを語ってきましたが、今回は弱点とその対策方法を書きたいと思います

 

弱点その1《人の業》

スサノオは殴ってなんぼのユニットであり、毘沙門と違ってCIPでは何も仕事をしません

 

それなのに人の業を踏んで寝てしまってはどうしようもないですね

 

 

主な対策は以下に挙げる4つ

 

・軽い進化で業チェック

 

新弾で伏羲が出たのでとりあえずそいつに踏ませましょう

 

伏羲は2CPなので7CPスタートから軽減伏羲軽減スサノオという動きも可能です

 

 

・トリガー破壊

 

セレクトショップや占い師、魔剣など1CPで割れるものがいいですね

 

軽減ブロナトリロス軽減スサノオで確実

 

 

・執念

 

ライブオンステージなどでCPを増やしてスサノオからのフォトンソード

 

アントワネット「業で寝たなら起こせばいいじゃない」

 

 

・気合

 

人の業なんて気にしない

 

虹キャンで【無我の境地】を付けて踏み倒せ!!

 

弱点その2【加護】

掛かってこ…あれぇ…(絶望)

 

巨人デッキもしくはJKがセイクリッドフィールドのデッキ

 

強制防御を付けようにも選べない!

 

スサノオ出しても意味がない!

 

そんなときの対処法はこちら

 

f:id:mathkingcoj:20151202123604j:plain

いったん【加護】の付いたユニットを全て除去してから次に並べてきたユニットをスサノオで狩るのが正解

 

毘沙門は人の業は気にせず出してOK

 

踏んでくれたほうがありがたいとは言わないまでも業が1枚見えたらあとは安心してスサノオを出せますからね

 

業を複数積んでるデッキはメタ外です()

 

弱点その3《ミューズ》

ほんとうにこいつだけは許せない

 

ゆっくり聞いていってねじゃあないんだよ

 

しかも最近は【舞姫】デッキの流行により増えてるとか…

 

 

《ミューズ》対策が一番難しい

 

毘沙門すれば【舞姫】ドローで自身をサーチし次のターンほぼ間違いなく出てくる

 

バウンスしても同様

 

無視してスサノオを出しても殴れず実質《人の業》

 

こっちがスサノオを出せる=相手は7CP使えるのでスサノオ1体は簡単に処理されます

 

非常に悔しいのですがミューズが見えたらスサノオルートの勝ち筋は捨てましょう

 

たかが小娘1人に鬼神が止められるなんて…

 

その他の弱点

スサノオの8000というBPは高いは高いのですが《武器破壊》されると戦闘勝利してもBPが回復しないので辛いです

 

それと《封札の死壊石》は殴る回数が単純に減るので嫌ですね

 

《アムネシア》は論外

 

また、最近よく見る《デストラクションスピア》

 

本当にやめてくださいお願いします何でもしますから!!

 

 

まあこいつらはトリガー割りでなんとか防げますね

 

 

それからスサノオが仕事をした後の話

 

当然スサノオが仕事をしたということはLv.3になっているというわけで…


f:id:mathkingcoj:20151213040442j:image

 

スサノオ「ママやめてくれ~!!」

 

イザナミ「お前がママになるんだよ!!」

 

 

イザナミが見えてたら素直に撤退が吉

 

スサノオといえども母親には逆らえません

 

 

弱点だけじゃない!!強いぞスサノオ

最近の個人的なトレンドは武身ですが、やはりその中にもスサノオを入れてます

 

当然だよなぁ?

 

そして強いのが《戴冠式》!!

 

貫通スサノオ以上に暴力的なムーブがあるだろうか、いやない(反語)

 

相手のライフが3になれば射程距離内です

 

戦火を使えば6点で射程距離に入ります

 

爆発力がある反面膠着してしまうことも多い武身ですが、4点取れば勝ちとなれば結構楽です

 

武身デッキの切り札として、ミラーの回答としてスサノオはやっぱり優秀です!

 

 

それでは皆さん、よいスサノオライフを~!!


f:id:mathkingcoj:20151213042739j:image