読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1マコ2マーヤ3阿修羅

神の力受けてみよッ!!

神ユニットのお話その3【初級者中級者向けCOJ】

おはようゴライアス!

 
グンキすまっしゅ☆です!
 
 
それでは今回で3回目の日本神話をば
 
 

前回までのあらすじ

 
高天原スサノオが暴れ、姉のアマテラスは天岩戸に引きこもってしまった
 
神々は知恵を絞ってアマテラスを出すことに成功し、スサノオ高天原を追放され疲れからか不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう
 
後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…
 
 

3章 時間軸歪曲事故

 
高天原を追放されて出雲へ降りてきたスサノオ

f:id:mathkingcoj:20151003065922j:image
 
川のほとりを歩いていると上流から箸が流れてきました
 
スサノオはこれは人がいる証拠だとして上流へ向かいます
 
するとそこには老夫婦と一人の若い娘の姿が

f:id:mathkingcoj:20151003065508j:image
 
スサノオ「やべぇ…可愛い…」
 
 
しかしなぜかその老夫婦は泣いています
 
スサノオ「お前ら、なぜ泣いている?」
 
老人「実は元々娘は八人いたが、毎年この時期にヤマタノオロチが出てきて一人ずつ食べていってしまう」
 
老人「そしてこのクシナダヒメが最後の一人」
 
 
スサノオ「そのヤマタノオロチとはどんなものなのだ」
 
老人「目は赤く燃え、頭と尾が八本ずつある巨大な龍だ」
 
スサノオ「ヤバ」
 
 
スサノオ「ではそいつを退治する代わりにそのクシナダヒメを俺の嫁にくれ」
 
老人「いや、いきなりやって来てそれはないだろ、そもそもあんた誰だよ」
 
スサノオ「これは申し遅れた。俺はスサノオノミコトというアマテラスの弟で高天原から降りてきた」
 
老人「!!!!」
 
老人「喜んで差し上げましょう」テノヒラクルー
 
 
スサノオ「ではとても強い酒をたくさん用意してくれ」
 
スサノオは垣根をめぐらして八つの門を作り、門の内側に大きな台をつくって大きなおけを置き、それに強い酒をなみなみと入れて待っていました
 
 
するとやって来たヤマタノオロチ

f:id:mathkingcoj:20151003071750j:image
 
酒の臭いに誘われそれを全て飲み干し寝てしまう
 
スサノオはそれを待っていて自分の腰の大きな刀をぬくと、たちまちオロチをずたずたに切りさいた
 
切りきざんでいるときに尾の一つにかたいものがあり、スサノオの刀の刃が欠けた
 
不思議に思って切りさいてみると、すばらしい名刀が
 
スサノオは、「この剣を持って戦うと、いつも天空に群れ雲が発生する珍しい太刀なので、私のような者が持つべきではない」とこの刀を高天原の姉、アマテラスに献上した
 
するとアマテラスは、「それは天之香山の岩染めの美しい銅で、私が作らせたものです。天の岩戸に篭ったとき、動転して天上界から伊吹に落としたものです。」という
 
これが天叢雲剣、後に草薙剣と呼ばれる、三種の神器の1つである
 
 
なおこの時、時間軸が歪曲したくさんのユニットに影響を与えた
 
3章 完