読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1マコ2マーヤ3阿修羅

神の力受けてみよッ!!

神ユニットのお話その2【初級者中級者向けCOJ】

神ユニットのお話

こんばんは

 
グンキすまっしゅ☆です!
 
 
それではまた日本神話について学んでいきましょう
 
画像は(c)SEGA
 
 

前回のあらすじ

 
イザナギイザナミは国を生み子を作ったがそのときイザナミは死亡
 
黄泉の国まで追いかけるも喧嘩別れし、疲れからか不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまう
 
後輩をかばいすべての責任を負った三浦に対し、車の主、暴力団員谷岡に言い渡された示談の条件とは…
 
 

2章 高天原のお話

 
 
さて、黄泉の国から帰ってきたイザナギ

f:id:mathkingcoj:20151001211257j:image
 
川でその穢れを落とします
 
左の目を洗うとそこからアマテラスが

f:id:mathkingcoj:20151001211010j:image
 
右目を洗うとそこからツクヨミ

f:id:mathkingcoj:20151001211132j:image
 
鼻を洗うとスサノオ

f:id:mathkingcoj:20151001211217j:image
 
それぞれ生まれました
 
 
そこでイザナギはアマテラスに高天原を、ツクヨミに夜の食国(よるのおすくに)を、スサノオに海原を任せることとしました
 
イザナギ「頼んだぞ我が子達よ」
 
 
アマテラス「わかりましたわ」
 
ツクヨミ「わかりました」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スサノオ「嫌だぁあああああああ!!!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
イザナギ「は?」
 
 
 
 
 
 
 
 
スサノオ「母さんのところに行きたいぃいいい!!」
 
 
 
 
 
 
 
イザナギ「は?」
 
 
イザナギ「お前出てけよ^^」
 
 
そしてスサノオは追放され根の国(鳥取と島根の境目付近)へ行くことに
 
スサノオ「うう…最後に高天原に行って姉上に挨拶してから行こ…」
 
 
スサノオ「姉さーん」ドスドスドス

f:id:mathkingcoj:20151001212621j:image
 
アマテラス「え、なんかスサノオ来たら高天原荒れまくってんだけど」
 
アマテラス「もしかしてスサノオ攻め入ってきたんちゃうん」
 
アマテラス「武器持って出迎えよ」
 
 
スサノオ「いや、マジで違うけどww」
 
アマテラス「証明できる?」
 
スサノオ「できるよ」
 
 
二神は川を挟んで対峙
 
まずアマテラスがスサノオの持っている十拳剣(とつかのつるぎ)を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から三人の女神が生まれた
 
 
次に、スサノオが、アマテラスの「八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠」を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から五人の男神が生まれた
 
 
これによりスサノオは「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」と勝利を宣言した。
 
 
 
こうしていつのまにか高天原に居候することになったスサノオ
 
しかし調子に乗りすぎ、乱暴狼藉をはたらいてしまう
 
 
アマテラス「もうあの弟マジムリ。引きこもろ。」
 
そしてアマテラスは天岩戸に引きこもってしまいます

f:id:mathkingcoj:20151001214508j:image
 
神々「ヤバい、流石に暗すぎる…」
 
神々「何とかして出てきてもらわないと…」
 
神々「天岩戸の前で躍りながら宴会でもすれば気になって出てくるんじゃないの?」
 

f:id:mathkingcoj:20151001214719j:image

 
アメノウズメ「ウチの力をよう見ぃや!」
 
神々「あいつほぼ真っ裸やんけ!」ゲラゲラ
 
 
アマテラス「なんか外が楽しそうね…」チラッ
 
 
この瞬間を逃さず

f:id:mathkingcoj:20151001214936j:image
 
アメノタヂカラヲ「うりゃあああ!!」
 
みんなで無理矢理アマテラスを出すことに成功し、高天原は明るさを取り戻しました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スサノオ高天原を追放されました
 
2章 完